Main images TOTO JP.jpg
TOTO 商品.png

10% 引き

参考商品価格

TOTO欧州ラインナップの中でも人気の高いEKモデルの参考セット価格をご紹介します。

​EK2.0 + NC Back To Wall (タンク隠蔽タイプ)

※ 既存隠蔽タンクをそのまま使用するケース

TORNADO FLUSH

CEFIONTECT GLAZE

RIMLESS DESIGN

PREMIST

WARM WATER

HEATED SEAT

DRYER

DEODORIZER

合計

£ 1,502.28

​EK Washlet 2.0
NC Back to wall WC
Connection Set
​Isolation Valve

商品配達料
VAT税 (20%)

定価合計

​£ 915.00
​£ 389.00
​£ 72.00
​£ 15.00

無料
​£ 278.20
​£ 1,669.2

10% 引き

-£ 166.92

​EK2.0 + MH Close Coupled (タンク露出タイプ)

TORNADO FLUSH

CEFIONTECT GLAZE

RIMLESS DESIGN

PREMIST

WARM WATER

HEATED SEAT

DRYER

DEODORIZER

£ 1,884.60

合計

10% 引き

​£ 915.00
​£ 489.00
​£ 326.00
​£ 15.00

無料
​£ 349.00
​£ 2,094.00

-£ 209.40

​EK Washlet 2.0
MH Floor-standing WC
MH Ceramio Cistern
​Isolation Valve

商品配達料
VAT税 (20%)

定価合計

上記商品以外のTOTO商品も10%割引対象となりますので

お問い合わせください

​他の商品を見る

\ トイレ交換工事も対応できますので、まずはご連絡ください /

交換工事に関してお客さまから多くお問い合わせ頂くご質問と回答を

“よくあるご質問 ”にまとめています。

こちらも是非ご覧ください。

 

よくあるご質問

Q1: トイレ交換工事もお願いできますか? 
A:  はい。トイレ交換工事も対応しております。交換工事の対応地域はGreater London (M25内)となります。

Q2: トイレ交換の工事費を教えてください。

A:  ウォシュレットトイレ交換工事(既存便器撤去処分、電気配線作業、給水配管作業、副資材費等を含む)は£750+vatとなります。

Q3:  商品保証や工事保証はありますか?
A:  はい。TOTOの2年商品保証とは別に、弊社の2年工事保証が付帯します。

Q4: いつごろ設置できますか?

A:  ご提案商品によって納期をご確認しますが、通常は1~3週間程です。

Q5: トイレ交換時に内装補修が必要になりますか?

A:  いいえ。内装補修が不要なケースがほとんどです。壁や床の補修が必要になる際は事前に内装作業のお見積もりを致します。

Q6:  既存の便器にウォシュレット便座を付けられますか?

A:  いいえ。設置するウォシュレットに合うTOTO便器に交換する必要がございます。

Q7:  自宅トイレは壁内に水タンク(Cistern)がありますが交換が必要ですか?

A:  通常、既存の壁内CisternとFlush plateはそのまま残して新しいTOTO 便器と接続します。既存CisternやFlush plate が故障している場合などは、壁の撤去やタイル貼り換えが必要かなどの状況を確認して交換費用をお見積り致します。

Q8:  ロンドンは硬水ですがウォシュレットに石灰が詰まったりしませんか?

A:  TOTO UK としては硬水エリアでは軟水器の使用をお勧めしているとの事ですが、実際のところほとんどの家でトイレ給水に軟水器を使用していません。弊社は15年程前からロンドンで多くのウォシュレット設置してきましたが石灰で詰まったケースはございません(全機種にスプレーノズルの洗浄機能がついており、スペアのノズルも付属します)。

 

Q9:  家の水圧が弱いのですが大丈夫でしょうか?
A:  ウォシュレットへの水圧は1~10barである必要がございます。トイレへの給水がMain Direct の場合、ほとんどのケースで水圧に問題ございません。もし、ご自宅のトイレが屋根裏の貯水タンクから給水されている場合は水圧が1bar以下になるためウォシュレットを設置できません。

 

Q10:  給水システムのDirectとIndirectとはどういうことでしょうか?
A:  以下の図のように、水道本管から直接給水されるのがDirect water system、屋根裏の貯水タンクに溜めてから重力で下階に給水するのがIndirect water systemです。

 

Direct water system

Indirect water system

Q11:  自宅の屋根裏の貯水タンクがある場合は、水圧不足のためウォシュレット設置不可ということですね? 
A:  トイレをフラッシュした直後に屋根裏部屋の貯水タンクに給水補充される場合はIndirect water system ですので、水圧不足のためウォシュレットを設置できません。貯水タンクの中が空で給水されない場合は過去に使用していた貯水タンクが屋根裏部屋に残されているだけで、現在は家内の全ての給水がDirectに変更されているのでウォシュレット設置が可能です。
▼ 屋根裏の貯水タンクの参考写真

また、設置されているガスボイラーがCombi Boiler の場合は、Direct 給水に変更されているのでウォシュレット設置が可能です。現在ではLondonの多くの住宅がCombi Boilerに交換されています。

 

Q12:  自宅はフラット(集合住宅)で屋根裏部屋や貯水タンクは無いのでDirect給水という事ですか?
A:  はい。Block flatはほとんどの場合Direct給水ですので、ウォシュレット設置が可能です。

 


Q13:  ウォシュレットの電気はどこから取りますか?
A: トイレから一番近いコンセントからウォシュレットへ電源供給します。シェイバーソケットからの電源供給は原則出来ません。

(シェイバーソケットは照明配線とつながっているケースが多く、ウォシュレット使用時に照明に影響する場合があるため)

お問い合わせの際にトイレの写真と、トイレの近くにあるコンセントの位置を間取り図などでお知らせください。

(通常はトイレの近くの寝室や廊下の壁にあるコンセントから電源を分岐配線します)